【今日から始めてみよう】『Audible(オーディブル)』完全攻略法

この記事はPRを含みます
Trend
スポンサーリンク

普段の生活が忙しい、特に仕事をして家事や育児、そして副業もやらなきゃいけない。

1日24時間じゃ足りないし、そもそも読書の時間なんてゆっくり確保できない。

そんなお悩みを一気に解決してくれるのが、このAudible(オーディブル)というサービスです。

編集長
編集長

実際に始めてみると読書量は増えるし、効率良く情報をインプットできるよ!

何よりも、音声で聴くことでインプットした情報に対する記憶への定着率が格段に向上(個人差はありますが…)します。

というわけで、始めてみて損はなし。

読書習慣でお悩みのあなたにとって救世主となるAudible(オーディブル)について、サクッと解説していきます。

Audibleの概要と歴史

Audible,オーディブル,始め方,使い方,登録,登録方法,お得,攻略,攻略法,解説,メリット,デメリット,退会,退会方法,解約,解約方法,アカウント,無料,無料体験,月額,料金,月額料金,歴史,オーディオブック,デバイス,格安,購入,購入方法,アプリ,機能,タイトル,タイトル数,読書,ながら聴き

Audible(オーディブル)とは何か

Audible(オーディブル)は、オーディオブックの配信サービスです。

オーディオブックとは、書籍の内容を音声で録音したもので、ユーザーはプロのナレーターによる朗読されたコンテンツを本を読むかわりに聴くことができます。

幅広いジャンルのオーディオブックが提供されていて、ユーザーは月額会員(現在は月額1,500円)になることで、12万以上のタイトルから無制限でコンテンツを楽しむことができるため、世界中のユーザーから人気を得ているサービスです。

Audibleの歴史

1995年にアメリカのドナルド・カッツ氏によって設立されました。

当初は、PDA(Personal Digital Assistant)という情報端末や携帯電話にダウンロードして聴くことができるオーディオコンテンツを提供するサービスでした。

2008年には、Amazon.comに買収されて子会社になります。

そして、2015年にアメリカ、イギリス、フランス、ドイツ、オーストラリアに次ぐ6番目の国として日本でのサービスがスタートしました。

Audibleが提供するサービスとプランの詳細

Audible,オーディブル,始め方,使い方,登録,登録方法,お得,攻略,攻略法,解説,メリット,デメリット,退会,退会方法,解約,解約方法,アカウント,無料,無料体験,月額,料金,月額料金,歴史,オーディオブック,デバイス,格安,購入,購入方法,アプリ,機能,タイトル,タイトル数,読書,ながら聴き

オーディオブック

オーディオブックは、Audible(オーディブル)が提供する最も一般的なサービスとして提供されています。

書籍の内容が音声で録音されているため、通勤やジョギングなど、移動中や作業中など読書ができない時でも「ながら聴き」をすることができます。

ポッドキャスト

ポッドキャストとは、ラジオ番組のような形式で、番組パーソナリティによりコンテンツが定期的に更新されます。

政治、ビジネス、テクノロジー、エンターテインメントなど、多岐にわたるジャンルのポッドキャストが提供されているため、ユーザーは自分好みのプログラムを探して聴くことができます。

利用料金について

月額会員(現在は月額1,500円)になることで、オーディオブックやポッドキャストを無制限に聴くことができます。

いつでも解約することができ、解約時に違約金等は一切発生しません。

また、再開したい場合は同じアカウントでリスタートできます。

Audible(オーディブル)が選ばれる理由

豊富なコンテンツ

Audible(オーディブル)では、豊富な種類のオーディオブックとポッドキャストが提供されています。

12万タイトル以上ものオーディオブックがあるため、ユーザーは自分好みのコンテンツを容易に見つけることができます。また、ジャンルも多様で、小説、自己啓発書、ビジネス書、歴史書など、様々な種類が揃っています。

ストリーミング再生とダウンロード

ストリーミング再生とダウンロードの両方に対応しています。

Wi-Fi環境下で予めダウンロードしておけばデータ量の節約になりますし、オフラインでコンテンツを聴くことができるため、通勤中や旅行中にも利用することができます。

また、ストリーミング再生はすぐに再生を開始できるため、ダウンロード時間を待たずにコンテンツを聴くことができます。

無料体験ができる

人気が高い理由の1つとして、無料体験から始められるというポイントも大きいです。

通常、無料体験期間は1ヶ月ですが、タイミングによってはこの期間が2~3ヶ月間設けられている時期もあります。

また、年間利用料金が980円になる時期もあったりするため、お得なタイミングを狙って始めてみるのも一手です。

課金せずに無料体験から使用感を試すことができ、サービス内容が良ければ課金して継続できるという点は、ユーザー側からみても納得して利用することができるため、長期的にみれば離脱率も低く、サービス提供をしているAudible(オーディブル)にとってもお得な施策なのです。

Audible(オーディブル)を取り入れるメリット

Audible,オーディブル,始め方,使い方,登録,登録方法,お得,攻略,攻略法,解説,メリット,デメリット,退会,退会方法,解約,解約方法,アカウント,無料,無料体験,月額,料金,月額料金,歴史,オーディオブック,デバイス,格安,購入,購入方法,アプリ,機能,タイトル,タイトル数,読書,ながら聴き

移動中や家事をしながらでも、本の内容を聴くことができる

別の作業をしながら興味のあるジャンルの本を「ながら聴き」することができます。

普段の生活が忙しく、なかなか本を読む時間を確保できないということはよくありますが、Audible(オーディブル)を生活に組み込むことで効率良く読書する習慣を手に入れることができます。

ポッドキャストを含め音声サービス分野がこれから伸びていくことが予想されていますが、これはワイヤレスイヤホン等のデバイスが広く普及したことが挙げられます。

最近では、ワイヤレスイヤホンもDAISO(ダイソー)の店舗で1,000円前後と安く入手できますから、こういったデバイスを安くゲットして、音声コンテンツを「ながら聴き」するという習慣を生活の一部に取り入れることで情報のインプット量を増やすことができます。

音声を聴くことで、記憶に定着しやすい

これは実際に感じることですが、字を目で追うよりも音声を聴くことの方が本の内容が記憶に残る感覚が強いです。

聴き取りづらかった箇所を巻き戻し再生できたり、再生スピードを変えることで好みに合わせた聴き方をすることができる点もメリットです。

例えば、2008年に行われた研究によると、参加者たちにある単語リストを聴覚的に提示し、その後、単語リストを視覚的に提示された別のグループと比較したところ、聴覚的提示グループの参加者の方がより多くの単語を正確に記憶していたという事例もあるほどです。

このような事例からも、インプットの質や量を増やしたい場合は普段使いで音声コンテンツを利用することが効果的です。

Audible(オーディブル)活用時のデメリット

視覚的な情報が必要な書籍は不向き

例えば、図解を見ながら学習したい参考書などの書籍は「ながら聴き」には不向きです。効率良く情報をインプットするためには、TPOに合わせて使い方に変えていくことが大切です。

集中力が続かない場合、音声を聞き逃す可能性がある

体調不良や寝不足の場合は集中力が著しく低下します。

書籍の内容が頭に入って来なければ効率良く情報をインプットすることの妨げになりますから、このような場合はゆっくり休んで体調の回復を優先しましょう。

Audible(オーディブル)のアカウント作成方法と利用手順

アカウント作成方法

Audible(オーディブル)を利用するには、Amazonアカウントが必要です。もし持っていない場合は、Amazonのウェブサイトにアクセスしてアカウントを作成しましょう。

Amazonのアカウント作成後、Audible(オーディブル)のウェブサイトにアクセスし、Amazonアカウントでログインすることで利用することができます。

無料体験と退会手続きについて

無料体験期間が経過すると自動的に有料会員に切り替わるため、無料会員期間だけ試してみたいという場合は早めに解約手続きだけ済ませておきましょう。

無料期間中に解約を済ませておいた場合でも、利用期限まではサービスをそのまま使うことができます。

Audible,オーディブル,始め方,使い方,登録,登録方法,お得,攻略,攻略法,解説,メリット,デメリット,退会,退会方法,解約,解約方法,アカウント,無料,無料体験,月額,料金,月額料金,歴史,オーディオブック,デバイス,格安,購入,購入方法,アプリ,機能,タイトル,タイトル数,読書,ながら聴き
退会手続きは、上のスクリーンショット赤枠部分をクリックして簡単に手続きできます。

オーディオブックの購入方法

Audible(オーディブル)では、オーディオブックの購入が可能です。

40万タイトルのうち、聴き放題の対象は12万タイトル。残りの28万タイトルについては購入することで聴くことができます。

この28万タイトルについて、月額会員になると通常の30%OFFで購入することができるため、とてもお得です。

Audible,オーディブル,始め方,使い方,登録,登録方法,お得,攻略,攻略法,解説,メリット,デメリット,退会,退会方法,解約,解約方法,アカウント,無料,無料体験,月額,料金,月額料金,歴史,オーディオブック,デバイス,格安,購入,購入方法,アプリ,機能,タイトル,タイトル数,読書,ながら聴き
上のスクリーンショット赤枠部分のように、月額会員になると自動的に30%OFFになります。

購入方法は、自分が聴きたいオーディオブックを検索して選び、支払いを行います。

支払いが完了すると、選んだオーディオブックがアカウントのライブラリに追加され、いつでも聴くことができるようになります。

Audible(オーディブル)アプリのおすすめ機能

Audible,オーディブル,始め方,使い方,登録,登録方法,お得,攻略,攻略法,解説,メリット,デメリット,退会,退会方法,解約,解約方法,アカウント,無料,無料体験,月額,料金,月額料金,歴史,オーディオブック,デバイス,格安,購入,購入方法,アプリ,機能,タイトル,タイトル数,読書,ながら聴き

Audible(オーディブル)アプリを起動し、上の赤枠部分の機能を使うことで好みに合わせた聴き方ができます。

ドライブモード

アプリ内にある「車」マークをタップします。画面全体のデザインがシンプルになり、視認性が向上して運転中でも操作がしやすくなります。

Audible,オーディブル,始め方,使い方,登録,登録方法,お得,攻略,攻略法,解説,メリット,デメリット,退会,退会方法,解約,解約方法,アカウント,無料,無料体験,月額,料金,月額料金,歴史,オーディオブック,デバイス,格安,購入,購入方法,アプリ,機能,タイトル,タイトル数,読書,ながら聴き

タイマーモード

アプリ内にある「タイマー」マークをタップします。好みの時間に合わせて、自動的に音声が終了する時間を調整できます。

Audible,オーディブル,始め方,使い方,登録,登録方法,お得,攻略,攻略法,解説,メリット,デメリット,退会,退会方法,解約,解約方法,アカウント,無料,無料体験,月額,料金,月額料金,歴史,オーディオブック,デバイス,格安,購入,購入方法,アプリ,機能,タイトル,タイトル数,読書,ながら聴き

その他の機能については、以下の通りです。

  • 再生速度:0.5~最速3.5倍速まで音声速度を調整できます
  • クリップ:気になる部分をマークして、メモを残すことができます
  • 早送り:30秒分の内容を早送りできます
  • 巻き戻し:30秒分の内容を巻き戻せます
  • 目次:書籍の目次を一覧形式で表示できます
  • シェア:自分のSNSに書籍の内容等を投稿することができます

バッジコレクション

アプリ内のマイアカウントに、一定の条件をクリアするごとにバッジが付与されます。

Audible,オーディブル,始め方,使い方,登録,登録方法,お得,攻略,攻略法,解説,メリット,デメリット,退会,退会方法,解約,解約方法,アカウント,無料,無料体験,月額,料金,月額料金,歴史,オーディオブック,デバイス,格安,購入,購入方法,アプリ,機能,タイトル,タイトル数,読書,ながら聴き

今回のまとめ

最後に「Audible(オーディブル)のこんなところがおすすめ」というポイントを、Q&A形式で5つにまとめてみます。

Q
最近忙しくなり、本をゆっくり読む時間が確保できないのですが。
A

読書する時間がなくても、別の作業をしながら本の内容を「ながら聴き」できます。

Q
本を読むとすぐ眠くなってしまうのですが、何かおすすめの方法はありますか。
A

本の内容を「聴く」ことができるので、情報を効率的にインプットできます。

Q
Audible(オーディブル)を利用していて、特に良いと感じるポイントはありますか。
A

耳からヒアリングすることで、記憶への定着率が高まります。

Q
最初から課金するのは、なんとなく躊躇してしまうのですが。
A

無料体験期間を経ることで、サービスの使用感を確認することができます。

Q
退会したい場合に、何か特別なプロセスはありますか。
A

退会したい時は、いつでも手軽に解約できます。

思い立ったが吉日、これを機にあなたもAudible(オーディブル)のある生活を始めてみましょう。

思考力の幅が広がり、きっと世界が広がるはずです。

というわけで、今回は以上です。
ここまでお読みいただき、ありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました