【メタバースの土地を買ってみよう】UPLAND『アップランド』の遊び方(概要編)

BCG

今回は、BCG(ブロックチェーンゲーム)のひとつであるUPLAND『アップランド』について
ご紹介します。

・UPLAND『アップランド』って、そもそもどのようなゲームなの…!?
・どうやって始めたらいいの…!?

など、始め方や遊び方をこれから数回に分けて解説していきます。
今回はゲームの概要と将来性についてです。

こちらのリンクからアカウント登録すると、課金したときに獲得できるUPXが50%増加(最大で50,000UPX)します!

獲得できるUPXが50%増加(最大で50,000UPX)

UPLANDの概要

まず最初に、UPLAND『アップランド』の仕組みについて理解を深めていきましょう!

『UPLAND』とは

『UPLAND』とはメタバース上の土地を購入&売却できる不動産ブロックチェーンゲームです。

不動産ゲームでは『The Sandbox』や『Decentraland』が人気を集めていますが、『UPLAND』はメタバース上に現実世界と同じ空間が広がっていることが特徴です。

実際に、自分が購入したい土地を『Google Street View』で閲覧してから購入することもできます。また、購入した土地に建物を建築することも可能です。

そして、購入した土地からゲーム内通貨である『UPX』で賃料収入を得ることができます。賃料は運営元により区画された土地ごとに設定されており、土地の広さや地域によって数値化されています。

現時点(2022年2月)では、土地の購入及び売却はアメリカ合衆国の一部の都市(サンフランシスコ、ニューヨーク、ロサンゼルス、シカゴ、ニューオリンズなど)に限られていますが、将来的に他の国や日本の都市も購入できるようになることが予想されます。

2022年7月26日 日本時間の午後9時に、リオデジャネイロ(ブラジル)のセールが始まるとのアナウンスがありました(2022年7月21日発表)。また、8月23日 日本時間の午前0時にはポルト(ポルトガル)のセールも始まりました。UPLAND『アップランド』が国際的に展開していく第一歩がスタートしています。

今後のチャンスに向けて、今からアカウントを育てておくのも良いでしょう。

運営元UplandMe(アップランドミー)
初期費用無料
ゲーム内通貨UPX・SPARKの2種類
価格1UPX=約0.1円
※ SPARKは通常販売されていません。ランクアップ時やトレジャーハント等で獲得できます。

土地の購入及びランク制度について

土地の購入には、ゲーム内通貨である『UPX』を使用します。UPXの購入にはPCブラウザからはクレジットカードやPaypal、iOS版ではApple Payが使用できますので、使い分けが可能です。

また、UPLAND『アップランド』ではランク制度が採用されており、UPXの保有数と所持不動産の価格のトータルによってランクが決まります。

各ランクにおける特徴については、以下の表をご確認ください。

ランク課金額特徴
VISITOR無料土地購入可能
7日間ログインボーナスが貰える
UPLANDER10,000UPX(=約10ドル)ユーザー間で土地売買が可能になる
PRO100,000UPX(=約100ドル)(Fair Start Actの土地は購入不可
DIRECTOR1,000,000UPX(=約1,000ドル)0.5SPARK獲得
EXECUTIVE10,000,000UPX(=約10,000ドル)1SPARK獲得
CHIEF EXECUTIVE100,000,000UPX(=約100,000ドル)2SPARK獲得

初期費用は無料です。土地購入費用であるUPXをある程度積み増すことで、土地の所有数を増やしたり、賃料収入をより多く得ることができます。また『UPLANDER』にランクアップすることで、ユーザー間で土地売買をすることができるようになります。

このUPLAND『アップランド』の楽しみの1つとして、多くの土地を割安で購入して可能な限り高値でEXITすることにあります。FSA(Fair Start Act)とは運営元から初心者向けに通常価格よりも割安で提供されている土地を指しますが、『UPLANDER』ランクである間は所持UPXに応じてFSAを複数所有することができます。

不動産取引の醍醐味である土地売買を体感したいのであれば、少なくとも『UPLANDER』までは課金してプレイするのがオススメです。

UPLANDの将来性

メタバース上の不動産売買ゲームでは、先に述べたように『The Sandbox』や『Decentraland』が有名ですが、このUPLAND『アップランド』の特徴としてメタバース上に現実世界がリンクしている点にあります。実際に存在する土地の売買ゲームですので、初心者ユーザーにもイメージし易く簡単に取り組めるところがポイントです。

特に、運営元より売り出されている土地が現時点でアメリカの一部の都市に限られているので、今後はアメリカだけではなく他の国の土地にも波及する可能性は非常に高いです。ここからも、より多くのユーザーを獲得できる可能性は十分にあります。

土地売買に使用する通貨であるUPXは価格変動が少なくステーブル性がありますので安定感があり、クレジットカード等を使用し簡単に購入することができます。他のゲームのようにわざわざ暗号資産取引所で通貨を購入して、ゲーム内アカウントに送金するなどという手間がないため、初心者ユーザーにとってもゲームを始めやすい環境が整っています。

また、実際にゲーム内の土地にショップができている地域も見られたり、様々なイベントが数多く開催されているため、ユーザーを飽きさせない設計になっている点も面白いです。

今後の展開次第では拡張性が高く、ユーザーの更なる流入が予想されるため、ゲーム全体がさらに盛り上がれば使用通貨であるUPXやSPARKの価値も高まるでしょう。

というわけで可能性は未知数ですが、何よりも毎日ログインしてプレイするのが面白いゲームになっていますので、ぜひチャレンジしてみてください。

次回は、実際の遊び方などを解説していきますのでお楽しみに!

国内取引所へ口座開設してみよう

現時点で『UPX』や『SPARK』はゲーム内でのみ使用できる通貨ですが、今後『UPLAND(アップランド)』が成長性のあるゲームとして注目度がさらに高まれば、『UPX』や『SPARK』を取引所で売買することができる日が来るかもしれません。

最終的に日本円に換金して出金するためには予め日本国内の取引所へ口座を開設しておく必要性がありますから、今から準備しておくと良いでしょう。

暗号資産を取引する上でオススメの取引所を挙げるとすると、日本国内であれば『GMOコイン』が良いです。

理由は複数ありますが、以下3点によるところが大きいです。

1.他取引所と比較して売買手数料が安いこと
2.海外取引所等への送付手数料がかからないこと
3.国内登録銀行口座への出金手数料が無料であること

上記の通り、売買や送出金に関わる手数料が安価もしくは無料なので、取引量が多くなればなるほど手数料の安さに魅力を感じるようになります。また、アプリの操作性も抜群ですので、特に初心者の方でも容易に操作ができる点がポイントです。

以下に、国内主要大手2社との手数料を比較してみましたので、サラッと確認してみましょう。

BitFlyer(ビットフライヤー)Coincheck(コインチェック)GMOコイン
売買手数料販売所
無料
(スプレッド負担あり)

取引所
約定数量 × 0.01~0.2%
(銘柄ごとに異なります)
詳細はこちら
販売所
取引手数料
無料
(手数料相当額 0.1~5%)

取引所
銘柄ごとに異なります
詳細はこちら
販売所
取引手数料 無料

取引所
銘柄ごとに異なります
詳細はこちら
送付手数料銘柄ごと細かく設定
詳細はこちら
銘柄ごと細かく設定
詳細はこちら
無料
入金手数料住信SBIネット銀行から入金
無料

住信SBIネット銀行以外
330円
銀行振込
無料
(手数料は負担)

コンビニ入金
3万円未満
770円
3万円以上 30万円以下
1,018円

クイック入金
3万円未満
770円
3万円以上 50万円未満
1,018円
50万円以上
入金額 × 0.11%+495円
即時入金
無料
(振込入金:手数料は負担)
出金手数料 三井住友銀行
3万円未満
220円
3万円以上
440円

三井住友銀行以外
3万円未満
550円
3万円以上
770円
各金融機関
407円
各金融機関
無料
※ 上記内容は、2022年8月現在のものです。今後、内容変更される可能性があります。
サービス面で何を重視するのかにもよりますが、特に手数料などを極力抑えたいのであれば『GMOコイン』は他と比較してもハイパフォーマンスなサービスを提供している取引所です。もちろん私自身もメインに使用しており、オススメの取引所です。

というわけで、今回は以上です。
ここまでお読みいただき、ありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました