【初心者にもオススメ】NFTアート購入時のポイント

CRYPTO / NFT

今回は、NFTアートを実際に購入する際のポイントについて考えます。

昨今、多種多様なNFTアートが様々なプロジェクトにより生み出されています。海外プロジェクトも含め、その点数はこの先増加の一途を辿ることになります。NFTアートという言葉は知っていて、これから実際に購入してみようと思っていても、その判断基準が分からずに購入をためらってしまう初心者の方が多いのではないでしょうか。

・何を基準に購入すればいいの…!?
・買ってはみたけど、価格が下がってしまったらどうしよう…。

今回はNFTアート購入に際して、そんな悩みを抱えている方の一助になればと思います。
それでは、以下に解説していきます。

※ 英語版はこちらをどうぞ。同時並行で読み進めることで、英語力も身につくはずです。

スポンサーリンク

NFTアートの本質を理解する

こちらの記事にも解説していますが、現時点ではPFP(ProFile Picture)として使用することが一般的です。自分が使用しているSNSでプロフィールアイコンとして、一種のアイデンティティを表現するツールとしての使用方法がメインです。

PFPとしての役割からさらに進化する

しかし、単にPFP(ProFile Picture)として使用することのみに集約されたNFTアートの役割は終わりを迎えつつあります。そして、PFPからの脱却こそがNFTアートの次なるテーマと言っても良いでしょう。

具体的にはこちらの記事に解説していますが、そのNFTアートを保有することで何ができるのかが重要になるフェーズに入ってきています。

例えば、

⇒『会員権』のような役割

・  関連するプロジェクトのコミュニティに参加できる権利を得ることができる
・  そのプロジェクトから派生した他のNFTアートの優先購入権を得ることができる
・  ファウンダー等が主催するオンラインサロンに参加することができる

⇒『株式』のような役割

・  関連するプロジェクトのガバナンストークンを得ることができる(配当金)
・  そのプロジェクトが作成したファンアートを手に入れることができる(優待品)

⇒『不動産』のような役割

・  保有するNFTアートを担保にして、ETH(イーサリアム)等を借入することができる

⇒『クラウドファンディング』のような役割

・ NFTアートを保有することで、そのプロジェクトへの応援を兼ねた資金拠出
・ 資金拠出をしたプロジェクトからの特典等を受け取ることができる

というように、保有することで得ることのできる様々な役割が既に実現しています。購入する際には上記のようなポイントを頭に入れながら、自分にとって今必要なものは何かを判断して購入してみるのも一手でしょう。

例えば、参加したいと思うコミュニティが既に存在していて、そのコミュニティが運営するプロジェクトに自分も携わってみたいということであれば、そのコミュニティに関連するNFTアートを購入してみるといった感じでしょうか。

あるいはアートの枠を超えて、気になっているBCG(ブロックチェーンゲーム)があり、実際にゲームをプレイしてみたいということでいうことであれば、ゲーム内で使用できるアイテムNFTを購入してみるというのも良いでしょう。

NFT,NFTアート,アート,購入,購入時,注意,注視,ポイント,どんな,注目,投資,投資対象,対象,ブルーチップ,有望,銘柄,コレクション,資産,おすすめ,オススメ,担保,借入,借り入れ,ジェネラティブ,オープンシー,opensea,マーケット,市場,選定,非代替性,トークン,プロフィール,アイコン,twitter,ツイッター,コミュニティ,コミュニティー,ファッション,ブランド,コレクション,オンラインサロン,サロン,オンライン,メタバース,選び方,コツ,こつ,取引所,暗号資産,口座開設,口座,開設

こちらは『Love Addicted Girls(LAG)』コレクションの1枚ですが、このコレクションのNFTアートを保有していると、

NFT,NFTアート,アート,購入,購入時,注意,注視,ポイント,どんな,注目,投資,投資対象,対象,ブルーチップ,有望,銘柄,コレクション,資産,おすすめ,オススメ,担保,借入,借り入れ,ジェネラティブ,オープンシー,opensea,マーケット,市場,選定,非代替性,トークン,プロフィール,アイコン,twitter,ツイッター,コミュニティ,コミュニティー,ファッション,ブランド,コレクション,オンラインサロン,サロン,オンライン,メタバース,選び方,コツ,こつ,取引所,暗号資産,口座開設,口座,開設

このようなファンアートをゲットすることができます。
これは、株式を保有することで得ることができる『優待品』に極めて近い感覚ですね。

購入する際の判断基準はコレだ

ここでは、購入する際にどのようなポイントに注視することで値下がりリスクを回避できるのかという点にフォーカスして解説していきます。

特に、NFTアートの価格変動については様々な要因が密接に関わり合いながら形成されていくものですので、ここでの解説で値下がりリスクを全て取り除けるわけではありません。最低限抑えておくべきポイントを要約して掘り下げていきます。

こんなNFTアートは買うべからず

⇒ 他プロジェクトのものまねコレクション

他の人気NFTアートのコンセプトへ単純に寄せただけのものはアウトです。なぜなら、そこに作品の独創性や唯一性がないからです。黎明期であれば受け入れられる余地があったのかもしれませんが、市場が成熟すればするほどオリジナリティのない作品は淘汰されていきます。

かくいう私も、ある人気NFTアートプロジェクトのコンセプトを丸パクりしたアートを購入したことがありますが、現在その価格は購入時価格から10分の1程度になってしまっています。こういう苦い経験があるからこそ、ここでお伝えする意味がお分かりいただけるのではないでしょうか。

NFT,NFTアート,アート,購入,購入時,注意,注視,ポイント,どんな,注目,投資,投資対象,対象,ブルーチップ,有望,銘柄,コレクション,資産,おすすめ,オススメ,担保,借入,借り入れ,ジェネラティブ,オープンシー,opensea,マーケット,市場,選定,非代替性,トークン,プロフィール,アイコン,twitter,ツイッター,コミュニティ,コミュニティー,ファッション,ブランド,コレクション,オンラインサロン,サロン,オンライン,メタバース,選び方,コツ,こつ,取引所,暗号資産,口座開設,口座,開設

ちなみに、このNFTアートです。どのNFTアートの丸パクリかは一目瞭然ですよね!
この記事を読んだ皆様はマネをしないようにしてください。

⇒ コミュニティが育っていないコレクション

NFTアートを購入する際の判断材料として、コミュニティが盛り上がっているかどうかという点も大きな要素になってきています。コレクション点数が多いジェネラティブ形式のNFTアートは、そのプロジェクトに好意を持つ特定のファンが多く存在していることが重要です。たくさんのファンを獲得できれば需要が大きくなりますから、当然マーケットにおいても値崩れを起こさずに価格形成を維持していくことが容易になります。

現時点で日本国内における代表的なコレクションとしては、『NinjaDAO』から誕生した『CryptoNinja Partners(CNP)』が挙げられます。この『NinjaDAO』におけるコミュニティ参加者はこの記事を執筆している時点(2022年6月中旬)で約31,000人ですから、日本国内では最大級のコミュニティに成長していると言えます。そして、多くの参加者が意見を交わしながら新しいプロジェクトが続々生み出されている点も素晴らしいです。

逆に、初期販売時だけ注力し、その後は音沙汰なしというコレクションも多いです。このような場合ですと価格ありきの状態になりますから、中・長期的視点で捉えると買い支えがなくなり価格が下落する傾向にあります。

プロジェクトですから初期販売も大切なのですが、その後の二次・三次流通を如何に裾野を広げ大きくして、コレクションのファンを獲得していくのかがポイントになります。そういう点で、やはり活性化しているコミュニティの存在というのが価格形成面から見ても非常に重要になってくるわけです。

⇒ 初期販売価格が高いコレクション

初期販売(一次販売)の価格がある程度大きくなると、仮に需給が悪化した場合に下値を伺う余地が大きくなるということです。特に、短期トレーダーがここに入ってくると売りが売りを呼ぶことになりますから、値崩れするスピードも早くなり注意が必要です。

逆に、そもそもの売り出し価格が安価であれば、仮にそこから値崩れを起こしたとしても購入者目線で見て下落リスクを許容する範囲が広くなりますから、市場心理の冷え込みもそこまで大きくなりません。「元々の価格が安かったから、この程度の値下がりはしょうがないか」という判断をする傾向が大きくなるはずです。

これを見事なまでに販売戦略に取り入れたコレクションが、先にご紹介した『CryptoNinja Partners(CNP)』です。一次販売の売り出し価格が0.001ETH(2022年5月中旬時点レート換算:220円)でしたから、そもそも値崩れを起こしたとしてもたかが知れているわけです。そして、この記事を執筆している時点のOpenSeaでのフロア価格が0.6ETHですから、1次販売から既に600倍もの価格が付いていることになります。

これは、単に初期販売価格が安価だったということはもちろんですが、やはりコミュニティがしっかり形成されていてファン層が厚いという点が、これほどまでに価値を高めているという1つの好事例になるでしょう。

NFT,NFTアート,アート,購入,購入時,注意,注視,ポイント,どんな,注目,投資,投資対象,対象,ブルーチップ,有望,銘柄,コレクション,資産,おすすめ,オススメ,担保,借入,借り入れ,ジェネラティブ,オープンシー,opensea,マーケット,市場,選定,非代替性,トークン,プロフィール,アイコン,twitter,ツイッター,コミュニティ,コミュニティー,ファッション,ブランド,コレクション,オンラインサロン,サロン,オンライン,メタバース,選び方,コツ,こつ,取引所,暗号資産,口座開設,口座,開設

『CryptoNinja Partners(CNP)』コレクションの1枚です。オリジナリティ溢れる、そして愛らしいデザインが多くのファンを惹きつけるのでしょう。

また、同様の販売戦略を取り入れた姉妹コレクションである『CNP Jobs(CNPJ)』も成功しているプロジェクトになっています。

2022年7月15日リリースで一時販売は0.001ETHでしたが、販売から約2ヶ月経過した時点でOpenSeaにおけるフロア価格がおおよそ0.3ETHとなっていますので、この時点で初期販売から300倍近く価格上昇した結果になっています。

NFT,NFTアート,アート,購入,購入時,注意,注視,ポイント,どんな,注目,投資,投資対象,対象,ブルーチップ,有望,銘柄,コレクション,資産,おすすめ,オススメ,担保,借入,借り入れ,ジェネラティブ,オープンシー,opensea,マーケット,市場,選定,非代替性,トークン,プロフィール,アイコン,twitter,ツイッター,コミュニティ,コミュニティー,ファッション,ブランド,コレクション,オンラインサロン,サロン,オンライン,メタバース,選び方,コツ,こつ,取引所,暗号資産,口座開設,口座,開設

『CNP Jobs(CNPJ)』コレクションの1枚です。こちらは、『CryptoNinja Partners(CNP)』の可愛いキャラクター達が色々な職業に扮したユーモア溢れる作風が展開されています。

今回のまとめ

というわけで、NFTアートを購入する際に価格下落リスクを極力抑えるための必須ポイントをもう一度確認しておきましょう。

購入時重要ポイントのおさらい

1.コレクション自体にオリジナリティ(独創性かつ唯一性)があること
2.コレクションが生み出される『コミュニティ』がしっかりと育っていること
3.初期販売価格が極めて安価であること

この他にもポイントとして挙げられる項目はあるのかもしれませんが、今回は上記3点に絞って解説しました。

NFT自体はまだまだ始まったばかりの産業です。しかも、かの有名な『Bored Ape Yacht Club』でさえも、誕生してから漸く1年が経過したという非常に新しい分野であることを先ず認識することが大切です。

しかし、このNFT産業がとてつもない可能性を秘めている成長産業であることに疑いの余地はないと感じます。まだNFTを買ったことがないという方は、この記事を参考にしながらぜひ一度購入してみてください。

国内取引所へ口座開設してみよう

NFTアートをOpenSeaで購入する際に必要となるETH(イーサリアム)を手に入れるには、国内取引所ですと『GMOコイン』がオススメです。

理由は複数ありますが、以下3点によるところが大きいです。

1.他取引所と比較して売買手数料が安いこと
2.海外取引所等への送付手数料がかからないこと
3.国内登録銀行口座への出金手数料が無料であること

上記の通り、売買や送出金に関わる手数料が安価もしくは無料なので、取引量が多くなればなるほど手数料の安さに魅力を感じるようになります。また、アプリの操作性も抜群ですので、特に初心者の方でも容易に操作ができる点がポイントです。

以下に、国内主要大手2社との手数料を比較してみましたので、サラッと確認してみましょう。

BitFlyer(ビットフライヤー)Coincheck(コインチェック)GMOコイン
売買手数料販売所
無料
(スプレッド負担あり)

取引所
約定数量 × 0.01~0.2%
(銘柄ごとに異なります)
詳細はこちら
販売所
取引手数料
無料
(手数料相当額 0.1~5%)

取引所
銘柄ごとに異なります
詳細はこちら
販売所
取引手数料 無料

取引所
銘柄ごとに異なります
詳細はこちら
送付手数料銘柄ごと細かく設定
詳細はこちら
銘柄ごと細かく設定
詳細はこちら
無料
入金手数料住信SBIネット銀行から入金
無料

住信SBIネット銀行以外
330円
銀行振込
無料
(手数料は負担)

コンビニ入金
3万円未満
770円
3万円以上 30万円以下
1,018円

クイック入金
3万円未満
770円
3万円以上 50万円未満
1,018円
50万円以上
入金額 × 0.11%+495円
即時入金
無料
(振込入金:手数料は負担)
出金手数料 三井住友銀行
3万円未満
220円
3万円以上
440円

三井住友銀行以外
3万円未満
550円
3万円以上
770円
各金融機関
407円
各金融機関
無料
※ 上記内容は、2022年8月現在のものです。今後、内容変更される可能性があります。
サービス面で何を重視するのかにもよりますが、特に手数料などを極力抑えたいのであれば『GMOコイン』は他と比較してもハイパフォーマンスなサービスを提供している取引所です。もちろん私自身もメインに使用しており、オススメの取引所です。

というわけで、今回は以上です。
ここまでお読みいただきありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました